日本負けました・・・・・

前半始まってから気になりだしたのがディフェンスラインの低さ
案の定前線にはボールをなかなか出せず攻め込まれる展開に
本来日本の持ち味は中盤でボールを保持して攻め込むスタイルで
ディフェンスラインはもっと上に上げなければ出来るはずも無く。
それでも前半はまだ元気だからなんとか凌げていましたけどね。

相手は身体の大きい人種な訳で、もっとオフサイドトラップを
前半から使って相手のFW陣を攻め込ませないようにしなければ
勝てるはずも無く。

結果、疲れの見えはじめた後半3失点と言う大敗を喫しました。
これはひとえにディフェンスを軽視した戦術を取ったジーコの責任。
また、ディフェンス陣独自の判断を前半からしていかなかったのも問題
結局宮本はセンターバックを任せられるような選手では無いのではないかと。

日本の持ち味を生かすのはひとえに高いディフェンスラインで有る事
これにつきるんです。
その持ち味を忘れた日本代表監督には呆れ果てますね。
普段の日本代表なら勝てた試合を落としたといわざるを得ないです。
あちこちのblog等で「オーストラリア辺りに負けてるようじゃ」
という内容の記事がありますが、オーストラリアをなめちゃいませんか?
オーストラリアは強いです。
フィジカルの強さもありますが、多くの選手がヨーロッパ等に行っていて
そこで戦っているんですから、弱いはずがありません。
FIFAのランクが低い?んなもん、国際試合出てないから低いんだっての
日本がランク高いっても初戦は弱い相手と試合して勝ってるから
ランクが上がってるだけだという現実も知っておくべきですね。

ただし、現日本代表選手が弱いのかと言われたら、弱くは無いと言えます
個人でみればスキルも高く世界で活躍している選手も多くいます。
オーストラリアとの相性の悪さを差し引いても、負けた原因は采配にあります

日本の持ち味をもっと活かせる戦術をオーストラリア戦に用いれば・・・・

負けてしまったのは仕方ないとして次のクロアチア戦で如何に勝つか!
これを考えるのが一番だと思います。

クロアチアは守りを固めてカウンターで仕留めるタイプのサッカーです
であれば、日本は攻め込まず相手に攻撃を仕掛けさせディフェンスラインを
動かすと言う方法で戦うのが一番です。
これを序盤から攻め上がれば、カウンターで相手攻撃陣が動き回り
日本のディフェンスラインが引っ掻き回されます。
そうなれば後半にはオーストラリア戦と同じ様に負けパターンとなります。
この事に現日本代表監督と選手陣が気が付いてくれれば良いのですが。